アクセスカウンタ

<<  2010年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


久々、スピッツ。

2010/05/31 16:57
先週の金曜日のことです。
ありがたいことにお友達から、
スピッツのライブチケットを譲ってもらえまして、JCBホールへ。
3階席の正面の前の方、テッちゃん側のとても見やすい席で
ライブを満喫してきました!。

今回のライブはニューアルバムツアーとかではないとのことで
懐かしい曲が盛りだくさんで、1999年頃からファンになった
私にも存分に楽しめる演目でした。
今回のリストでは、初恋クレージーとか旅人とかナイフとか
初めてライブで聴く、聞きたかったんだ〜な曲が多かったんですよ。
愛のしるしも、日なたの窓も、チェリーもあったし
マサムネのギター飾り状態な時間も多く、
飾りなギターに手を乗っけてちょっと腰をひねって歌うという姿が
とても懐かしく、行けてよかったと感激いたしました。

また、こういう余裕を持って歌う時のマサムネの歌が色っぽくっていいんです。
歌声に実がついてきたというか、意識的な色気を振りまくようになったというか。
はい、ナイフと日なたの窓でヤラれましたよ、萌えておりました。
それで、隼以降の曲もたっぷりやり、新曲も何曲かやったのですが
新曲がちょっとギター飾り期の曲にも相通じるものがあるというか
それの新型バージョンな感じがして、とっても面白かったです。

いやー、ぶっちゃけ、マサムネのソロアルバム聞きたい〜とも思ったんですが
それがないのが、メンバーの個人アルバムや、他ユニットでの大々的な活動がないのが
スピッツというバンドの不思議な存在の仕方なんだと思いました。
一種、奇跡的なあり方だなぁと思います。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


疲労困憊

2010/05/28 09:24
月曜日に約25年ぶりにバレーボールをやった疲れが
今頃でてきたのか、朝からダメダメな状態で一日過ごしました。

でも・・・、その25年ぶりのバレーボール、意外と上手くできたんですよね。
サーブも一回もミスしなかったし、何より自分でも驚くスピードの早さ。
サーブの威力は体重の激増のおかげだろうし、ミスがなかったのは鈍感になったから?
マイナスとマイナスを掛け合わせるとプラスになるように
人間、思わぬ変化が、思わぬ発達につながってるのかもしれないですね。
なんだろう、隠れた発達、思わぬところに可能性の道が広がってた・・みたいな。
普段やらないことや、やりたくないことをやってみるのも乙なもんですね、

で、そんなに疲れているのに、お買い得価格を発見してしまい
渋谷の河内屋まで出向いて「グレンモーレンジ15年」を確保。
ジンジャーとかんきつ系のベースに樽香。とてもいい香りです〜。
18年のような甘甘じゃなくて意外とドライだけれど
香りと強さが口の中いっぱいに広がりました。美味しいねぇ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


昨日は外飲み

2010/05/26 10:01
ウイスキー初心者です・・・。
初心者なので何でも飲んでみたい、
毎日でも新しいボトルが買いたい今日のこの頃ですが、
さすがにお財布の問題があるので、やりたい放題という訳にはいきません。

そんな時に発見したのが、スポーツパブで有名なブリティッシュパブHUB。
キャッシュオンデリバリーで、いろんなウイスキーがとてもお値打ちにいただけます。
タリスカー、ラフロイグ、ボウモア、モーレンジなど主だったところが600円前後。
何より、このところ、ずっと飲んでみたかったハイランドパーク18年が
シングルでなんと630円ですよっ!。ああ、ありがたい・・・。
という訳で、渋谷のHUBに飛んでいきました。

ハイランドパーク18年、ロイヤルロッホホナガーと
ミックスナッツ、フィッシュアンドチップス、ラムケバブでしめて、2500円。
おつまみもボリューム、味ともイケてます。
それで憧れのハイランドパーク18年は、うちの12年と比べて
柔らかで、爽やかで、上品に甘くてとても美味しゅうございました。
ほとんどチェイサーいらないくらい・・。

ただ、スポーツパブなので、あまり落ち着かない・・
黒人の人達が目をきらきらさせて、バスケを見ていて
その雰囲気もとっても楽しいんだけど、ちょっと落ち着かない。
やっぱり家でも、ゆっくり味わいたいなーと思ったのでした。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ウイスキー漬け

2010/05/25 10:26
先週末からウイスキー探検であちこち行ってきました。

21日金曜日は南青山のニッカ・ブレンダーズバーへ。
この冬に飲んでウイスキーにはまるきっかけになったピーティ&ソルティに再会。
やっぱり美味しかったー。一本欲しいなー。

22日土曜日はまず柏のジャスコに行き
量り売りのニッカの余市蔵出し15年を購入。
その後に、スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサエティの試飲会へ。
グレンスコシア、カリラ、アランを試飲。
アランがヴィオニエのようなフルーティな
白ワインの香りがしていておいしかったです、。

23日日曜日は八王子のリカーヴィラアイザワへ。
品揃えに圧倒されました。わかんないものばかりだけど、見てるだけで楽しいです。
ボウモアの旧ボトルのダーケストとテンペストを買いました。
帰って、先日の12年と飲み比べ。
味の違いよりも、共通の風味(磯の香り?)がわかったような。
テンペストがパワーが感じられて美味しかったです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


カモメのボトル

2010/05/20 09:26
画像


ダンナがボウモア12年の旧ボトルを買ってきてくれました。
カモメのイラストも、全体的な雰囲気ものどかでいい雰囲気ですね。
でも、かなりケムいです。確かに現行のものよりスモーキーかも。
味わいはウマ甘塩で美味しいですけどね。
隣のカリラの香りがフルーティに感じました。
しかし、カリラのボトルはモダンでカッコいいですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レモンハート

2010/05/19 09:21

ユーザレビュー:
いつも同じです。古谷 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



洋酒にはまるとやっぱり読んでしまう訳で。
でも、目白の田中屋さんにもずらっと並んでいたし。

うんちくマンガですが、嫌味にならないところが素敵です。
25巻では、女馬でダービーをとったウオッカに
オーナーの冠名の「タニノ」がつかない訳のうんちくにやられました。
ネタバレしませんが、とてもよく出来たお話。
タニノの長い歴史の中でも、会心の仔馬だったんだろうなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最近、ウイスキーの理由

2010/05/18 09:30
昨晩も、オークマスター、ブッシュミルズモルト10年、ハイランドパーク12年と
どれも美味しくいただいただいておりますが、写真を撮り忘れました・・。
美味しさについつい杯を重なって、いつのまにか寝てました・・ヤバいです。

お酒が好きなのにアルコールに弱いので
ワインにしても日本酒にしても、それこそビールも色々と飲みましたが
美味しいのにたくさん飲めないし、酔いも悪くて(頭痛い、吐く・・)、
悲しい思いを重ねてきました。美味しいのにねぇ・・。
醸造酒は向かないみたいです。

その点、ウイスキーはいいですね。
酔いがホワーっと軽くて、気分も一緒に軽くなって。
酔っぱらうのが楽しい、という気分がわかったような気がします。
アルコール中毒にならなきゃいいけど。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日のお酒

2010/05/17 09:48
画像


グレンスコシア12年
 結構、減ってきました。塩トマト甘納豆とどんぴしゃ合います。
国産モルト原酒ハイランドタイプ8〜10年
 量り売りで買ったもの。中身は余市の原酒だそうです。
 香りは、水がとてもキレイな磯の香り。積丹の海を思い出します。
 ストレートだと塩が効いています。とても長い余韻。
 少し加水すると、旨みが広がってきます。
 最後に煙の香りがふわーっと広がってきます。
 甘くないけれど、とても美味しいです。めちゃめちゃ好き。
 

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鷺沼「彩り亭」

2010/05/16 13:52
画像


夜、鷺沼の「彩り亭」というお寿司屋さんに行きました。
立ち食いのお店ですが、早い時間だと座っていただけます。
コースがお得なのですが、お品書が魅力的だったのでお好みで食べました。
この日は、サバも生2産地、生締め、しっかり締めと4種類もあり
コハダの塩加減もよくって、青魚が充実していておいしかったです。
値段もおつまみ2品にお腹いっぱいまで握りを食べて二人で6500円。
お値打ちです。

帰って、晩酌
グレンフィディック12年
 麦の甘い香り、味わいも甘くまろやか、程よいコク。好きなタイプ。
ニッカ:ピュアモルトウイスキーシェリー樽熟成
 香りは、ワインの樽香、そのままです。
 味はまろやか、さっぱりめですが、樽っぽいカツブシ風味も感じます。
 もう一杯飲みたくなる味。近くの古い酒屋さんでホコリをかぶってるのを発見しました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ネロリ

2010/05/14 09:21
画像


夏みかんの花です。
花はこじんまりとしていて、清楚な感じですが
香りは強く、10m四方には軽く香りが広がります。
ジャスミンと同じくらい甘く、華やかな香り
でも、爽やかで、上品なところもあり、
高級な香水のカギとなる香りだけあります。
この季節だけの、ちょっとした贅沢です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日のお酒

2010/05/13 09:36
画像


国産モルト原酒ローランドタイプ8〜10年
 東武百貨店の量り売りのお店で買ったもの。宮城峡の原酒だそうです。
 アルコール度も55%で高いですが、味も濃いです。
 少しお水を入れても、いつまでの口の中に残っています。
 香りは宮城峡10年と同じりんごの香りにバニラとメープル、こっくりした感じです。
白州12年
山崎12年
 上のお酒が濃くって、味がわかんなくなってしまいました。また今度。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日はブレンデッドで

2010/05/12 09:26
画像


写真がボケボケだ・・・。

バランタイン12年ゴールドシール:
開栓後、もう2年以上は経ったもの。そのせいか、ストレートに弱い私でもすっーっと飲めちゃう。
いかにもウイスキーって味や香りでどう表現したらいいかわからないんだけれど、美味しい。
水を少し入れると甘みがふわーっと広がって、厚みも感じられる。そんなに高くなかったからお得かも。
ザ・ブレンド17年:
甘いけれど辛い。昨日の竹鶴17年に似てる?。
驚いたのが、飲んだ後、お水を飲むと、口の中に澄んだ甘味が広がること。
ウイスキーの味なのか、水自身の甘さなのかわからないけれど、とても甘い。不思議な感覚。
お水を入れて、少し立つと、スモーキーな香りが開いてきて、厚みもぐっと出てくる。
とっつき悪いけれど、時間をかけると色々な面が出てくる感じ。言葉で表現しにくいな。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日のお酒

2010/05/11 10:10
竹鶴17年:辛口だけどまろやか
グレンスコシア12年:ハーシーチョコの香り まったりと甘い
宮城峡10年:青リンゴの香り 少し水を入れるとすっきりと甘さが
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


やっぱりカーネーションのライブ

2010/05/10 13:40
5月8日(土曜日)、渋谷クワトロにカーネーションのライブを見に行きました。
やっぱり、カーネーションのライブは凄い。
いつも煽られて、心が燃え上がって、
帰って、なかなか続かないブログに、思いの丈をぶつけることになる訳です。

今回のライブでまずよかったのは、
太田さんの歌とコーラスが素晴らしくなっておりました。
直枝さんとのデュエットでも堂々と渡り合っていて感動いたしました。
爽やかで透明感のある優しいハイトーンボイス。
ケンメリの曲、よかったなー。
GWの旅行中に車のラジオで「風と虹のバラード」を偶然聞いていたので
太田さんの歌のたたずまいや声質から、
70年代感がバシバシ出てているのを実感できて
なんとも「らしい」カバーだなと感動したのでありました。

あと、さみだれとセンチメンタルの後半グググーッと
強くグルーヴしていくのがたまりませんでした。
センチメンタルは今のところ、このバージョンが一番好きです。
凄いなー、この3人もホント凄いなー。

後半になるほど、直枝さんがニッコリ微笑んでいるのが印象的なライブでした。
あー、やっぱりカーネーションは凄いな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2010年5月のブログ記事  >> 

トップへ

パシリ玉日記 2010年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる